海外製の精力剤を買わない方が良い7つの理由とは!?

海外製の精力剤は国内産と比べて危険がたくさん

 

勃起力が低下して精力剤を使ってみたいという方へ、海外製の精力剤について解説します。

 

国産の精力剤と違い海外製の精力剤は危険が多く、注意しなければいけません。
国産と海外産の違いを理解して、国産の精力剤を選ぶべき理由を説明します。

 

 

 

海外製精力剤の特徴

 

購入方法
ドラッグストアには売っていません。
ドン・キホーテなどのディスカウントショップに輸入品が売られていることがあります。

 

ネット通販で輸入代行して販売しており、購入方法としてはこちらが主流です。
しかし、個人が代行して輸入しており、ニセモノのサプリを販売していることもあります。
そのため、メーカーが直接販売している国産に比べて信頼性に欠けます。

 

 

成分
海外で許可された成分と基準値で作られています。
日本では医薬品の成分とされてサプリメント、健康補助食品には使用できない成分も使われることがあります。

 

たとえば、バイアグラの成分であるシルデナフィルです。
厚生労働省が調査した結果では44の精力剤のうち、37もの精力剤に、シルデナフィル等の成分が検出されています。

 

しかし、成分表記がされていない精力剤も多く、あっても外国語で読めないこともあります。

 

 

効果
日本人は外国人とは体格や体質が違います。
そのため、日本人には成分が強すぎて効果が十分に現れないどころか、健康被害が出る可能性があります。

 

 

副作用
中国で作られているサプリメントを使用して死亡した例があります。
日本ではサプリに使用できない成分によって副作用が出てしまった可能性があります。

 

日本人の体格には適さない量の医薬品成分を使用している場合、めまいや頭痛、吐き気などの症状が現れることがあります。

 

他にも、副作用がない植物などの素材を使用していたとしても、土壌に有害な物質が含まれていることもあります。
そのため、成分に問題がないとしても、有害物質を摂取してしまう可能性があります。

 

 

 

海外製精力剤の危険性を簡単に説明すると?

 

1 国内では健康補助食品に使用できない脱法成分が含まれている
2 日本人の体格や体質を考慮していない
3 有害な土壌で育った素材などを使用している
4 製造している工場の衛生面は不明で、なにか混入していても分からない
5 成分表が記載されていない
6 製造国の言語で説明書き等が記載されているので日本人には読めない
7 輸入代行しているのは個人なので、信頼性に欠ける

 

以上のような危険性があります。
日本で医薬品とされる成分をどうしても摂取したいなら、病院に行くべきです。
勃起不全やEDなどを診断してもらって、適切に処方された薬を飲んだほうがリスクは低いでしょう。

 

あえて危険を犯してまで、海外製のサプリや精力剤に頼る必要はありません。

 

 

 

国産精力剤はなぜ安全なのか?

 

1 国産の精力剤は、当然ですが日本で作られています。
健康補助食品を作るために、厳しい検査の実施と、成分の基準値を守らなければいけません。

 

2 日本人の体格や体質を考慮して作られています。
成分が過剰だったり、効果が薄かったりすることがありません。

 

3 有害物質が含まれていないか検査されています。
食品の安全問題などでもわかるように、とても厳しい目で検査されています。

 

4 上記の成分の検査と同様に衛生面にも厳しいです。
厳しい基準を守って作られているのは日本ならではといえるでしょう。

 

5 国産であれば成分表が記載されています。
成分表を記載しなければならないので、なにが含まれているか分からないということがありません。

 

6 説明書きは日本語で記載される。
日本人向けですから当然、注意書きや飲み方のアドバイスなどは日本語で記載されます。

 

7 メーカーがネットで通販するなど、他人を介さず購入できる。
販売企業と購入者間に個人が入ることがないので、ニセモノを買わされる心配がありません。

 

 

以上のことから、海外製の精力剤より、国内で生産される精力剤のほうが安心して利用できます。

 

精力が衰えたので精力剤を試したいという人は、怪しい海外の精力剤などを使わず、国内の日本人向け精力剤を購入すべきです。

 

参考に、国内で生産され高く評価をされている「クラチャイダムゴールド」の体験談を公開しています。
日本の会社が生産・販売しているので全て日本語で対応してくれます。
衛生面も厚生労働省の認定を受け、厳しい基準でチェックされているので安全です。

 

国内の精力剤でもとくにおすすめできる製品なので、是非チェックしてみてください。